暮らしを便利にしてくれる機器

給湯器は日々の生活をよくしてくれる便利機器です。お風呂で使用するお湯を作ったり、台所で洗い物をしたりする時に使うお湯を作ったりする事ができます。そこで給湯器についてよくある質問をまとめてみました。

給湯器に関するQ&A

給湯器を買い替えたいのですが、給湯器に種類はありますか?

給湯器にも色々な種類があります。お風呂を沸かす為だけの給湯器や家中でお湯が沸かせるようになる機能とお風呂を沸かす機能が両方ついた給湯器もあります。他にも省エネに特化した給湯器もあります。種類はガス給湯器、電気給湯器、石油給湯器の三つです。

ガス給湯器を設置したいのですが、住まいがマンションなので設置が心配です。

マンションのような設置場所が限られている所は、給湯器を壁に設置して場所を取らないように工夫業者が工夫するので安心です。

給湯器に寿命はありますか?

ガス・石油給湯器の場合だと最低でも八年から最長で十年位です。電気給湯器は十五年から二十年程度です。

給湯器

比べることから始める

給湯器はお湯をわかすための機器ですが、水をお湯にするために必要となる熱源は大きく分けるとガス、石油、電気になります。新しく給湯器を購入しようと考えたときには、その違いをよく確認して選ぶこと大切です。それぞれにメリットとデメリットがあり、それらを事前に把握することが購入前には必要になります。まずはガス、石油、電気とそれぞれの比較から始めると良いでしょう。大阪には給湯器を扱っている店舗が多数あるので、近くにあるお店に行ってみて、現物を見るのも良いかもしれません。

お店に行く前に決める

給湯器それぞれの違いを確認したら、熱源に何を選ぶかということも決める必要があります。大阪にはたくさんのお店がありますが、それぞれ扱っている熱源が異なる場合もあり、ひとつの熱源に特化しているお店のほうが取り扱っている数も多く選択肢は豊富なようです。ガスは設置場所をあまり必要とせず、光熱費も比較的安くて済みます。電気はガスに比べるとちょっと高くつくようです。これらは燃料補給の手間がいりませんが、石油はなくなったら補給しなくてはならないので、燃料切れの心配もあるようです。

燃料補給や場所を考える

大阪で給湯器を探す場合、店舗に行くのがいちばん早いようですが、ガスならガス会社に問い合わせてみるのも良いかもしれません。それぞれの専門に扱っているところのほうが話も聞きやすいでしょう。給湯器選びの際には、燃料補給をすることも考慮に入れる必要がありますが、ガスと電気は自分ではしなくてもいい点で選ばれます。設置場所に関してはガスと電気はそんなに広い場所を必要としないので、その点から考える人はやはりガスか電気を選んでいます。

石油は燃料費がかからない

全国同様に大阪にもホームセンターなどが多くありますが、そこでも給湯器の取り扱いはしています。店舗が近くにないときにはまず行ってみる価値はあるでしょう。展示してあるものを見ることができるのが良いようです。石油の給湯器は、タンクがあるので設置場所を広めに必要としますが、燃料費はあまり高額にはならないようです。そのため、燃料費を考えて選ぶなら石油だという声も多くあるようです。

広告募集中