HOME>ホットトピックス>耐用年数は給湯器で違う?【必見!給湯器の耐用年数ランキング】

長く使っていきたい給湯器

給湯器は便利な機器ですが、買い替える場合かなり費用が掛ります。なのでなるべく長く使っていきたいものです。そこで長く使える給湯器の種類をランク付けしてみました。購入の際の参考にしてみてください。

長く使える給湯器の種類ランキング!

no.1

電気給湯器

電気給湯器は寿命年数が十五年と給湯器の中では一番長いです。最長だと20年持ちます。堂々の一位に輝きました。

no.2

ガス給湯器

ガス給湯器の寿命は八年から十年です。石油給湯器と同じ耐用年数ですが、経済的にも優しく便利な機能も多いのでここでは便利さからランキングの二位です!

no.3

石油給湯器

ガス給湯器と耐用年数が同じで八年から最長十年は保ちます。三位になった理由としては燃料が石油の為その時の石油価格の変動で出費が変わるからです。また、石油が無くなる前に入れ替える必要があるので手間と出費のデメリットが大きく惜しくも三位になりました。

使途や家族人数で選ぼう

給湯器

様々なバリエーションがあるため、故障などで給湯器を交換する際は、使用目的や家族人数などを基準に選ぶのがポイントです。先ずは給湯器の使い方を考えてみて、台所や浴室でお湯さえ出れば良いのであれば、給湯専用型が魅力的になります。ただしこのタイプは追い焚きができませんから、家族が複数おり、帰宅時間もマチマチで入浴のタイミングがバラけるご家庭には向きません。そこで、ご家族の入浴がズレるなら、追い炊き機能が付いている給湯器を選んでおくと良いでしょう。

オートかフルオートか

自動湯はり機能が付いていれば大抵追い焚き機能も搭載されていますが、これにはオートとフルオートなどの種類もあります。オートの給湯器は設定温度でバスタブにお湯をはり、設定量に達したら自動的にお湯を止め、その後も自動で追い炊きをして湯温を保ってくれるのが一般的です。そしてフルオートの給湯器ですと、設定量よりお湯が減れば自動的にお湯を足して水位を保ってくれます。オートタイプはボタンを押して手動でお湯を足す必要があるため、自動足し湯機能や配管の自動洗浄などを希望する場合は、フルオートタイプがピッタリです。

号数も大事な選定基準

1分間にお湯を出せる量は号数によって決まっていますから、4人以上のご家庭など、沢山お湯が必要なら24号の給湯器を選んでおくと安心です。それに対して夫婦だけのご家庭など、それほどお湯を使わないのであれば20号の給湯器が適切になります。そのほか、同時に複数の場所でお湯を使わない1人住まいなど、あまりお湯を必要としない場合は16号の給湯器が打って付けです。

広告募集中